エリザベスカラー…~ガジガジ篇~

ここ、おいらの定位置♪

またしてもざっくんにかわいそうな思いをさせてしまいました…
わたしのように、これから犬を飼おうと思っている方、とくに初めて犬を飼うという方にはぜひ読んでいただきたいです。

1度でも犬を飼ったことのある方からすれば当たり前のことかもしれません。
犬を飼ったことがなくても、そんなことも分からないの?と言われてしまうことかもしれません…

お休みの日、ざっくんを連れて外に遊びに行きました♪
仲良しのおバズのハーネスには、ずっと前からわんちゃん用の蚊除けがついていたので、ざっくんにも同じものを見つけてつけてあげました。
今日が蚊除けデビューの日です♪


左側にチラっと写っているのが蚊除けです。

ざっくんは生後4ヶ月弱。いろんなものをガジガジしています。
首輪はもちろん、リード、キャリー…目に見えるものは何でもガジガジ。

ただ、首についている蚊除けは届かないからガジガジすることはありませんでした。
だからわたしもあんまり気にしていなかったし、気を抜いていました。

おもいっきり遊んで、ざっくんをクレートに入れて帰りました。
クレートに入ったざっくんは騒ぐこともなく、おとなしく寝ている…と思っていたのですが…

おそらくこの時、ざっくんは自分の首にぶら下がっている蚊除けを見つけて、ガジガジしていたのです(;゚д゚)
全く気がつかず、そのまま友人と別れ、わたしとざっくんはおうちへ帰ってきました。

首輪などを外したにも関わらず、蚊除けの存在をすっかり忘れていたわたしは、ざっくんの首輪から蚊除けが無くなっていることにも気がつきませんでした。
疲れているだろうと思って、ざっくんをケージのベッドに入れると、すんなり入って眠るざっくん。

それから2時間後。
全く出てこないざっくんが気になって呼んでみると、よたよたとおぼつかない足取りでトイレスペースへ行こうとするざっくん。
しかし、ベッドとトイレの間のちょっとの段差が越えられず粗相。

…え?

その後もフラフラ歩いて、ケージ内でよろけて転ぶざっくん…
…絶対おかしい。

何気なくクレートの中を見てみると、敷いてあるクッションの下から破壊された蚊除けを発見しました…

よく見ると、必死にガジガジした跡がが残っていました…
そしてさらに、蚊除けの中に入っていたであろう粒上の薬品?のようなものが粉々になって散らばっていました。

…ざっくんは、この薬品を食べたんだと思います。

それに気がついたのが15時。病院は16時から…
ただ、ペット用の蚊除けなので、それが原因で死んでしまうなんてことはないと思いますが、とにかく心配。

とりあえず、ざっくんを毛布にくるんで休ませました。
水をあげようと口元まで持ってきても、震えてうまく飲めない…

16時前に病院へ向けて出発…
受付で事情を説明する。10分ほどで名前を呼ばれました。

この頃にはよろつかず立てるようになっていました。よかった…
先生も、あまり心配することはありませんが、一時的に症状が出ていたのかもしれません、とおっしゃっていました。
今のところ下痢や嘔吐の症状はありませんが、薬品を食べてしまったことは間違いないので、体内の薬品を薄めるために点滴を打つことになりました。

病院で診てもらっているという安心感から、すでに先生や看護師さんと談笑するざっくん母…

あっという間に点滴の用意がされ、首元にプスリ…と針を刺されるざっくん。
驚いて先生や看護師さんの手を噛んでしまいました…
噛んだり動いたら処置ができないので…


※許可をとって撮影しています。

エリザベスカラー…
ざっくんがんばっているし、先生や看護師さんも必死なので笑っちゃいけないんですけど…
ちょっと面白くて笑ってしまいました(人´∩`)

そんなこんなで無事点滴も終了しました。
これでひとまず一安心…

この後、蚊除けの誤飲とは別のことで先生に注意を受けるのです…

続きはこちら…エリザベスカラー…~デブエット篇~


▼▼▼ ランキングに参加してみました!! ▼▼▼
他のミニピンさんのブログもよく拝見させていただいています♪

ミニピンランキング

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする